重要(保存版):アメリカの病院事情について

 Health Care System in U.S.

アメリカに来て戸惑うのが医療制度の違いです。アメリカと日本の大きな違いは完全予約制と主治医制度になり、病気になったからといって近くの医師に診察してもらう事ができません。

こちらでは、主治医(Primary Care Physician) いわゆるファミリードクター(家庭医)を決め、主治医が総合的に健康を管理(健康管理、健康指導、病気一般の診察、治療)します。もし、主治医が診察をして専門医(Specialist)の診察が必要と判断した場合、専門医を紹介されます。

主治医を通さず、専門医に直接診てもらう事も可能です。ただ、専門医での診察は医療費も高くなり、基本的な検査結果がわからない場合、一から検査をしなければいけないので、料金も時間もかかります。病にかかっていた場合は、専門医と主治医がチームになり、治療をしていきますので、心強いです。

また、アメリカの病院はER, Urgent Care を除き、完全予約制です。緊急を要しない場合は、初めての予約を取るのにドクターによっては3ヶ月待つ場合もありますので、渡米されたら早めに主治医を決めて、最初の予約を取る事をお勧めします。(健康診断も1年に一度、保険内でカバーされますが、その予約もお早めに)

*主治医の決め方については、自分の持っている保険のネットワーク内で決めることになりますので、webなどでreviewと共に調べたり、口コミなどによる情報とあわせて選択することをおすすめします。

 

急に病気になり、受診が必要な場合

医療費が高い事もあり、日本のように風邪で病院で診察を受ける事はアメリカではありません。軽度の病気なら市販されている薬で治す方が殆どです。それでも、緊急を要さないが受診が必要な場合は、主治医に連絡します。医師のスケジュールが空いていたらその日に診てもらえる事もあります。また、高熱が続く場合、症状が良くならないなど、緊急を要する場合で、主治医の診察を受けられない時はUrgent care(急病診療所)かER(救急センター)で受診します。

 

Urgent careとERの違い

◽️Urgent care(急病診療所)

軽症・中等度の病気・怪我を診察・治療してくれます。予約なしでも比較的待ち時間が少なく、診察してもらえますが、営業時間内のみの診察になります。料金はERに比べると安くなります。

URLでお近くのUrgent careをお探しください→ http://www.urgentcarelocations.com/

◽️ER(救急センター)24時間365日

重篤な病気(呼吸が苦しい・激しい頭痛/腹痛・交通事故などすべての病気、症状に対応しています。24時間365日空いていますが、重度な患者から診察・治療をしていきますので、軽度の症状だと長く待たされる事もあります。

 

救急車を呼ぶ

911をダイヤルする。911は緊急の窓口で、警察や消防も同じ番号なので、必ず救急車をお願いしますと言います。“I need an ambulance.” 住所や怪我・症状を伝えた後、電話を切っても良いですよといわれるまで、通話状態でいましょう。

アメリカでは救急車も有料になりますので、本当に必要な時のみに利用されることをおすすめします。

 

病院への持ち物

1.免許証
2.保険証
3.リスト
ビタミンも含めて、現在、服用している薬・アレルギー、そして、三親等までの主な病気のリストを必ずお持ちください。病気の本人が医師に伝えるより、漏れがなく正確な情報を伝える事ができます。

 

病院での医療通訳

歯科、眼科以外は保険によって通訳をカバー(派遣なども含め)してくれるところが多くなっています。それについては、保険会社に確認し、予約時に保険を利用して通訳を希望する旨をお伝えください。それによって病院は『通訳を手配』しますが、確約というわけではありません。確実に『通訳を付けたい場合』、初めての受診など不安な場合は自己負担になりますがご自身で手配をする事をお勧めします。(ノースカロライナ州では、サザンブリッジが病院通訳のお手伝いをしておりますので、お気軽にご連絡ください。連絡先は最後にあります)

*******

*保険によって、通院や入院時の通訳が派遣される場合もありますが、出産する病院のツアーなどについては、ほとんどの場合、通訳は派遣されません。

☆SBI(サザンブリッジ)では病院や個人からの医療通訳の依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。☆

サザンブリッジ事務局
 

上記の情報は2015年1月現在の情報です。情報にアップデートがある場合、SBI(admin@southernbridgeintl.org)までお手数ですが、ご連絡ください。

About the author:

. Follow him on Twitter / Facebook.